環境技術実証事業
ETV

改正省エネ法の施行を控えて、借り手にもエネルギー使用量の報告義務が課せられることとなりました。
業務部門が90年度比+39%CO2排出量が増加しており、非常に対策が遅れております。つまり業務部門とはオフィスビル・店舗対策です。
「アットシールド・クリア」は11年前NTT公衆電話ボックスの社熱対策のために、NTTアドバンステクノロジ社と住友金鉱山社と共に共同開発を行った窓ガラス用透明遮熱塗料です。 ようやく窓ガラス用コーティング剤も市場認知が拡大してまいり、本年5月20日、環境省・環境技術実証モデル事業【ETV】実証試験報告書が公表されました。
そして「アットシールド・クリア」はコーティング剤での最高値を実証することができました。
今後は環境省ホームページに実証結果としてご確認いただくことができます。
「日本建材・住宅設備産業協会」が公表した“窓・ドアから71%の日射侵入熱比率”を受け、「エコガラス」「遮熱フィルム」「コーティング剤」の3種類が窓の遮熱対策として考えられます。
価格・性能・信頼度という点すべてを考慮すると、「アットシールド・クリア」が最高の商材であるとご納得いただける自信がございます。
是非とも「アットシールド・クリア」を中心に全色対応高反射塗料「アットシールド・エコ」(NTT通信機器使用)・防虫水銀灯用超耐熱紫外線カット剤「UVスモーク」(JOMO指定)のご説明をお聞きいただきたいと存じます。



平成19年 ヒートアイランド対策技術 : 環境技術実証モデル事業≪ETV≫ 
(建築物外皮による空調負荷低減技術)
■実証試験報告書

【実証番号】アットシールド・クリア  YM8YX  : ≪051−0725≫
3mmフロートガラス+窓ガラスコーティング剤にて測定
冷房能力算出=標準日射熱取得×遮蔽係数×窓面積×冷房使用日数
No.製品名環境技術開発者遮蔽係数同じ製品名
1アットシールド・クリア螢侫ーユー0.72---


平成20年 ヒートアイランド対策技術 : 環境技術実証モデル事業≪ETV≫ 
(建築物外皮による空調負荷低減技術)
■実証試験報告書

【実証番号】アットシールド・クリア  YM8YX-4  : ≪051−0811≫
3mmフロートガラス+窓ガラスコーティング剤にて測定
冷房能力算出=標準日射熱取得×遮蔽係数×窓面積×冷房使用日数
No.製品名環境技術開発者遮蔽係数同じ製品名
1アットシールド・クリア螢侫ーユー 0.68 ---


▲ページの先頭へ戻る